よくあるご質問・見積り用語集Faq

アルスペイントや塗装に関するよくあるご質問・見積り用語集

宮崎県都城市の屋根・外壁塗装やリフォームなら、アルスペイントにお任せ! 地域の皆さまに信頼される塗装業者を目指し、高品質なサービスを適正価格でご提供いたします。

こちらでは、当社のサービスや塗装に関するよくある質問にお答えしております。見積書の頻出用語も解説しているため、ぜひご参考ください。

外壁塗装について

Q.

外壁塗装の目的はなんですか?

A.

外壁塗装には、雨風などから建物を守る役割があります。外壁塗装が劣化すると、建物内部にまで雨水が侵入し、住まいの寿命を縮めることにもつながりかねません。大切な住まいで長く、安全に暮らすためには、定期的に塗装工事を行うことが大切です。

また、塗装を塗り替えることで新築時のような美しさを取り戻したり、断熱性・透湿性などの機能を付与することも可能です。

Q.

塗替えのタイミングはいつですか?

A.

塗料の種類によって異なりますが、一般的には塗装から10年を超えたら塗り替えを検討するとよいとされています。10年というのはあくまで目安なので、少しでも気になる点があれば当社までお気軽にご相談ください。

Q.

外壁塗装ができない時期はありますか?

A.

雨の日が多い梅雨時や、台風シーズンは工期が長引きやすい傾向があります。また、塗料が乾きにくい冬場も同様です。しかし、工事そのものができない時期はございませんので、外壁の劣化が気になったタイミングでご相談ください。

費用について

Q.

見積りは無料でできますか?

A.

塗装工事のお見積りは完全無料となっております。お見積りの時点で費用をいただくことはございませんので、お気軽にご相談ください。

もちろん、見積額をお出ししたからといって当社で必ずご契約いただく必要はございません。ご家族で話し合ったり、他社様との相見積りをしたりと、じっくり時間をかけてご検討いただければと思います。しつこい営業は一切いたしませんので、安心してご相談ください。

Q.

見積りの対応エリアは?

A.

アルスペイントは宮崎県都城市を中心に、宮崎市・小林市・日南市・串間市・曽於市からのご相談に対応しております。当社から車で1時間の範囲であればお伺いできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

Q.

現地調査は必要ですか?

A.

塗装工事にかかる費用は、外壁の劣化状況や建物の形状によって大きく異なります。より正確な見積額をご提示するためにも、現地調査は必須であると考えております。お客さまにはご不便、ご面倒をおかけいたしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Q.

見積りだけでもできますか?

A.

もちろん問題ございません。当社は無理な勧誘は一切行っておりませんので、お気軽にご相談ください。「まずは金額だけ知りたい」というご相談も大歓迎です。

当社は高品質・適正価格のサービスをご提供することに自信を持っておりますので、ぜひさまざまな業者を比較検討し、お客さまにとって最適なサービスをお選びいただければと思います。

Q.

費用はどのくらいですか?

A.

当社の塗装費用の目安は、こちらのページをご参考ください。

アルスペイントの料金目安

当社では入念な現地調査に基づき、建物の状況に応じた最適な塗装プランをご提案しています。費用面もわかりやすく、明確にご提示するよう心がけております。また、お客さまのご予算に合わせたご提案も可能です。まずはお気軽にご相談ください。

Q.

追加費用が発生することはありますか?

A.

当社は「総額提示」を心がけ、お打ち合わせの際に、工事にかかるすべての費用をお伝えしております。そのため、お客さまから追加工事をご依頼いただく場合を除き、追加費用が発生することは一切ございません。どうぞ安心してお任せください。

Q.

分割払いは可能ですか?

A.

当社が提携するローン会社のご紹介が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

塗料について

Q.

色見本はありますか?

A.

もちろん可能です。お打ち合わせの際に見本帳をお見せいたしますので、実際の色合いを確認しながら塗料の色をお選びいただけます。お客さまのイメージどおりの色合いが見つかるまでお付き合いいたします。

なお、中塗り・上塗りで別々の塗料を使用することも可能です。塗料の色に関するご要望は、どんなにささいなことでもお気軽にご相談ください。

Q.

塗料の良い選び方は?

A.

当社では、お客さまのご要望や建物の状態に合わせて最適な塗料を選択するため、豊富なラインナップの塗料を取りそろえております。

塗料が変われば工事費用も異なり、外観の見た目や機能性も左右されます。複数パターンのお見積りをご提示いたしますので、ご要望やご予算に合致するものをお選びください。

Q.

塗料は強いニオイがしますか?

A.

溶剤系の塗料は、比較的ニオイを感じやすい傾向があります。一方、シンナーなどを使用しない水性塗料なら、ニオイが発生する心配はありません。近年は、環境にもヒトにも優しく、ニオイの少ない塗料が増えているため、幅広い種類のなかからイメージに合う塗料をお選びいただけます。

塗料のニオイが気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください。お客さまのご希望に合わせて、最適な塗料をご提案します。

施工について

Q.

塗装にかかる期間はどれくらいですか?

A.

施工範囲や内容によっても異なりますが、戸建て住宅の場合は10日~2週間程度が目安です。ただし、悪天候により工事を中断せざるを得ない場合や、塗料が乾きにくい季節などは、工期が長引くケースがあります。

当社ではお客さまのご不安を解消すべく、全体の工程表やスケジュールを事前にご提示しております。お客さまの生活に支障が出ないよう配慮いたしますので、ご要望はお気軽にお伝えください。

Q.

ご近所への連絡はどうすれば良いですか?

A.

当社の現場責任者がご近所をまわり、工事内容に関するご説明とご挨拶を行います。

工事中は飛散防止ネットを使用するなど、近隣にご迷惑がかからないよう最大限配慮いたします。工事車両の出入りや、音やニオイの発生についても事前にしっかりご説明いたしますので、安心してお任せください。

Q.

工事中に洗濯物は干せますか?

A.

基本的には可能ですが、以下のような工程では洗濯物を外に干すことができません。

  • 足場を組む
  • 高圧洗浄
  • ベランダ付近の塗装 など

事前に日程をお知らせいたしますので、ご不便をおかけいたしますがご協力よろしくお願いいたします。

Q.

もし施工後に不具合が出たときは?

A.

もちろん対応いたします。当社はご提案から塗装工事までを自社で一貫して行っており、施工後のアフターフォロー体制も充実。最長10年の保証書をお渡しし、安心・快適な暮らしを長期に渡ってお守りいたします。万が一不具合が見つかった場合も迅速に対応いたしますので、ご安心ください。

また、オフィスやアパートの場合は、施工後3年に1度のペースで定期点検を実施いたします。当社は厳しい基準をクリアした「あんしんリフォーム工事瑕疵保険」の認定業者ですので、安心してお任せください。

その他

Q.

雨漏り診断のみお願いすることはできますか?

A.

もちろん可能です。雨漏りのサインを放置していると、建物の内部にまで雨水が浸入し、柱や梁を腐食させてしまうリスクがあります。柱や梁は構造的にとても重要な部分なので、放っておくと住まいの寿命を縮めることにもつながります。

屋根の上や天井裏まで上がってしっかりと診断いたしますので、少しでも気になる点があればお気軽にご相談ください。

Q.

保証期間はありますか?

A.

アルスペイントでは、最長10年の保証期間を設けております。施工後のアフターフォローも充実しておりますので、万が一不具合が見つかった場合も安心です。

見積り用語集

塗装業者が作成する見積書には、専門的な用語が多く登場します。

見積書の内容を正しく比較するため、見積りの頻出用語を解説いたします。

塗装箇所

工事で塗装する箇所を示したものです。外壁や屋根を塗装する場合は、まわりの軒天や雨どい、ダクトフードなども塗り替えるのが一般的です。見積書をチェックする際は、こうした箇所も記載されているかどうか確認しましょう。

塗装面積

工事で塗装する範囲の面積を示したものです。坪数がまったく同じでも、建物の形状が異なれば塗装面積も変わってきます。一般的には、「延べ床面積(坪数)×3.3×1.2」でおおよその塗装面積を計算できます。建物の坪数がわかれば、見積書の塗装面積が合っているかどうか確認してみてもよいでしょう。

塗装回数

一般的に、外壁や屋根の塗装工事は、下塗り・中塗り・上塗りという3つの工程に分かれています。こうした塗装回数についても、見積書にきちんと記されていることを確認しましょう。

塗料のメーカーと商品名

使用する塗料について、アクリルやウレタンなどの種類(グレード)しか記載されていない場合は要注意。メーカー名や製品名までしっかり記載されている業者を選びましょう。

足場代

外壁塗装を行う際は、足場を組むのが一般的です。もし見積書に足場代が記載されていなければ、業者に理由を聞いてみましょう。足場代が別途費用となってしまう場合、追加費用として請求されるケースもあります。

飛散防止ネット

塗料の飛散を防止する「飛散防止ネット」の費用を示した項目です。塗料の飛散は、近隣トラブルを招く原因となります。見積書にこの項目が記載されていない場合は、業者に問い合わせてみましょう。なお、業者によっては、足場代に飛散防止ネットの費用が含まれていることもあります。

下地処理

下地処理とは、塗装前の下準備のような工程です。まず、高圧洗浄機で塗装面の汚れを落としてから、ひび割れや隙間などを補修します。下地を整えることは、塗装を美しく仕上げるうえで非常に重要です。下地処理にどの程度の費用がかかっているのか、事前に確認しておきましょう。

ケレン

ケレンとは、トタン屋根や雨戸といった鉄部の汚れやサビ、古くなった塗膜を落とす工程です。塗料をキレイに付着させるためには、鉄部に付着した余分なものをしっかり落とす必要があります。見積書を確認する際は、ケレンが施工に含まれているかどうかも確認しておきましょう。

塗料の種類

屋根や外壁に使用される塗料には、素材の成分や機能によってさまざまな種類があります。同じ素材の成分の塗料でも、メーカーごと、製品ごとに耐用年数は異なる場合があるため、資料にしっかり目を通しておくことが大切です。塗料について種類や単価、予想される使用量や、耐用年数まで詳しく記載されている場合は、優良な業者と判断できるでしょう。

外壁塗装・リフォームのご相談はこちらから 株式会社アルスペイント TEL0120-335-107 【受付】9:00~18:00(日曜定休)

塗装・屋根・雨漏りのことなら
お家の「困った」を解決しますアルスペイント
”なんでも”ご相談ください!

トップに戻る